« 西岡すみこになりたい!?? | トップページ | 一日一回にしてね »

2008年2月 6日 (水)

宿題

ももの宿題、一年生ですが、結構たくさんあると
感じる時がありました。
一学期、計算300問とか、、、。
数こなす前に、さんすうが嫌いになっちゃうんじゃないかって
見てて思ってました。
が、我がクラスはまだ宿題が少ないらしいのです。
他のクラスは例えば、プリント3枚に、音読に、書写に、、、。
と毎日もりだくさんとのこと。

パパはももの宿題に対して、宿題なんかするな!と言います。
パパは一切宿題をやったことがないらしいです。。。
せっかくやる気になってるのに、なんてこと言ってくれるんだと
その事でバトルになる事が度々あったのですが、
他のクラス並みに多かったら、、、、、。
覚える前に疲れて嫌になっちゃうのなら、やるな!って
パパと同じことを言うかもしれないと思いました。
ただ、自分で宿題をきちんとすると決めてその通りにやると
いう事は、自分で自分を好きになることだと思っています。
どうしても疲れて出来ない時はしなくてもよいと言ってますので
最初から、約束をやぶって楽していいと思われるのは
ママ的にはよしとしないのです。

今日は、漢字ノート10ページだったかな?
文章を自分で考えてつくったりするので、結構時間かかってた。
いつもは宿題を先に終えてから遊びに行くのだけれども、
今日は、ママ、帰ってからやるからと途中で断念してた。

お隣の仲良しのAくんは、宿題やってたら、夕方になっちゃって
遊びにいけなかったと言ってたもんなぁ。

これが一年生の宿題なの?

他に毎日習い事に、塾に行ってる子供はいつ遊んでるのかな?

私の時代はたぶん、低学年の時は、宿題なんてなかったように
記憶してるんだけど。

繰り返し→定着で、たくさん宿題なんだろうけれども、
見てて、うんざりしてきちゃう。

子供がストレスが溜まりやすいのも仕方がないのかなと
思えたりしました。

なんだか高学年の子供の話を聞いてると、ももたちよりも
健常の子達の心が病んでいるなぁと思わずにはいられません。
死ねとか、消えろとか、上靴や持ち物に油性マジックで落書き
したりが当たり前になっているとのこと。陰湿ないじめの数々。
しっかりした明るいお子さんさえも、そういったいじめに
あったりしてると聞くと、ナーバスになってしまいました。

いじめられている子はもちろん、いじめている子のケアも必要なはず。
どなたかが、軽度発達障害児の数が飛躍的に増えている背景は
社会的構造の大きな変化〔家庭のあり方〕だけでなく、もっといろんな
要因が複雑にからんで、子供が育つ環境を阻害しているんじゃないかと
話してましたが、まさに、適応していける子供でさえ、こんな状況であれば
適応能力に不具合のある子供は、影響を強く受けてしまいますねぇ。

|

« 西岡すみこになりたい!?? | トップページ | 一日一回にしてね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西岡すみこになりたい!?? | トップページ | 一日一回にしてね »