« 7対2対1の法則 | トップページ | だいすき! »

2008年2月13日 (水)

momoの磁力

以前書いてみたものの、アップしなかった記事があるのですが、
もものお友達は、ももと同じ世界の住人?と思えるような子が多いのです。
なんだか磁石のように見えない力で引き寄せあうような感じ?とでも
いったらいいのかしら?

過去記事から抜粋
ももが家に連れてくる、男の子の友達は、キワモノが多く、
ずっと家の窓から電車を見続け、日本中の電車の名前を毎回連呼し、
それについて解釈し、延々と一方的に話しつづける子、
少しでも自分中心に事が運ばないと、怒り出す子や〔なんでも一番病?
お菓子を配る順番も、ゲームも一番じゃないと、その場を破壊してまで
ごねる、、、、。〕、
自分が面白いと思って、興奮して周りが見えなくなると、人が嫌がること
をやり続けてしまうとか、またそれが、かなり常識から逸脱してて、
とめに入ると、逆キレして、噛み付かれたり、パンチされたりする子や、
いろ~んな子がいるのですが、それでも集団の中に入って、
我慢してでも従わないといけない場面になると、自然と従えるので
まあ、お仲間ではないかもなぁと思うわけですが。。。。

ももも、毎日、暴力ふるわれたり、チューされたり、耳元でワーッと叫ばれて
大パニックになって、大喧嘩しているそうですが、
それでも、よく、互いの家を行き来して、遊んでいるのが、不思議でしょうがない。

この挨拶がわりに顔面パンチをしてくるような子達も、この一年で
かなり成長して落ち着いたなぁと思ってた矢先、
この中の数人が、診断が付いたらしいと他のクラスのママから聞いて、
びっくりしました。半分、やっぱりかぁと思う気持ちと、今は、ちょっとやんちゃって
思える範囲でも診断がついちゃうのかなぁっていう気持ちと。。。。
それにしても、ももの学校の一年生、一割~一割強が診断がついたって事に
なるわけで、グレイゾーンの子や診断待ちを含めると、、、、。

もうひとつ驚いて、学校に直行してしまったのは、
ももと仲がよくて、このところよく家に来てた近所の子が、クラスでひどいいじめに
あっていて、一学期のもものように行動面で不適応が顕著になっているって話。

弟がももと同じ発達障碍で、近所の子のクラスで学級委員をしている子が
ママに「どうみても弟と、近所の子が同じに見える」と話していたそうで、
今だ、私には、その子がももと同じ仲間とはにわかに信じがたいのですが、
その子の弟くんで、もものお友達の子を私は、同じ仲間の匂いを感じてたので
あながちありえない事ではないのかな?と思いました。

ようは、発達障碍かそうでないかではなく、学校なり、誰かが適切な対応が
とれればいいだけなのかもしれませんが、
いくところまでいってから動くでは遅いし、取り返しがつかないので
早めに対処していただけるといいかなと思います。
2学期くらいから、少し様子が変だな?と思ったのですが、3学期に入って
見てわかるくらい元気がなかったので、
「ももちゃんのママは貴方の味方よ。なにか心配事があったら相談してね」とは
伝えたものの、その子のママも少しナーバスになっているみたいで、
人様に迷惑かけるくらいなら、子供を外に出さないって感じになりつつあるなと
感じるので、上手く、学校側で対処してくれる事を願います。。。。

大人にとって都合のいい子供に慣れている人には、なかなか理解できないのかも
しれませんが、この不器用な子達は、目に見えないところで、一生懸命葛藤してるん
ですよ。いつもね、否定されなれてるから、少し肯定して手をひろげるだけで、
凄く純粋に心を開いてくれる。
もものクラスの出来ない子ベスト4のベスト1と担任に言われてる子だって
先日くれた折り紙のお返しに、消しゴムをあげたら〔消しゴムがないまま、誰からも
かしてもらえず、授業中困ってたので〕、ちゃんとお礼の手紙をもらいました。
たぶん、文字も最近やっと書けるようになったばかりだと聞いてるので、
一生懸命書いてくれたんだなぁと思うと、愛しくなりました。
問題をいろいろおこすBくんだって、後になってみれば反省したり、わかっているん
だけれどもその場になると出来なくなっちゃう事悩みを打ち明けてくれる。
自分で自分を客観視できる部分もあるって事は、大人の関り次第で少しづつ
改善していけると思うし、
一年前は、とにもかくにも暴力で返されてましたが、最近は私に対して少し信頼が
産まれたのか、ちゃんと耳を貸してくれますし、時には自発的に反省したり
してるんですよね。えらいなぁ~、成長したなぁ~と思うんですが、
学校では、多くの先生に、問題児として呼び捨てにされているわけで、、、、。

ももやもものお友達を見ていると、過去の自分も振り返って、大人のほうに非が
ある場合が多いなぁと気付かされ、学ぶ事が多いです。

この子達のでこぼこが個性として見てもらえますように。

|

« 7対2対1の法則 | トップページ | だいすき! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7対2対1の法則 | トップページ | だいすき! »