« イメージする力 | トップページ | momo 7歳になりました! »

2008年1月18日 (金)

頭の大きさ

スキーで伯母からもらったかわいいニット帽をかぶったのですが
どんなに深くかぶせても、にょ~ん!とはずれてきて、とれちゃうんですよね。
年齢よりもやや大きめのサイズなんですが、、、、ね。

ももが赤ちゃん服を卒業して、服らしい服を着始めた時、
ことごとく、さざえさんちのカツオくんのように頭で服がつかえて
脱ぎ着できませんでした。
姪たちと比べても、頭の大きさが異常に大きく感じました。
また、胴に比べて足が短く、祖母〔私の母〕も姑もまるでダックスちゃんだねぇ
とか、足毎日ひっぱりなさいとか言われてましたっけ。
それでも親ばかと言われるかもしれませんが、よく笑う、とてもかわいい
赤ちゃんだったんで、そういった欠点も気になりませんでした。
ただ、胴と足のバランスが?なせいか、座り方がずっと変でした。
腰で座らずに、背中で座るというか猫背気味に座るんですよね。

さて、なぜ、今、赤ちゃん当時の話を書くか?というと、頭の大きさは自閉症の
赤ちゃんの特徴だと知ったからです。
少し前になると思いますが、自閉症の赤ちゃんの脳は、生後数ヶ月で
総重量が急激に増えるという結果がわかったとどこかで出ていました。
ですので、この部分を乳幼児健診時のチェック項目に加えると早期発見でき
やすくなるのではないか思います。

早期発見しても、今の日本の環境は、まだまだ不十分な環境ですが、
そのうちに欧米なみに、早期発見、早期療育がきちんと施されれば、
楽になれる親子がたくさんいると考えます。

今の段階だと早期発見に力を注いでもその後の受け入れ態勢が整っていなくて
診断がついたことによるマイナス面だけが残ってしまって辛いケースもたくさん
あるように感じます。

ももは今も、体育の着替え時、お風呂に入るときなど、頭がつっかえて
苦労していますが、まあそれも、ももらしさとほほえましく思えるもも母でした。

|

« イメージする力 | トップページ | momo 7歳になりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イメージする力 | トップページ | momo 7歳になりました! »