« 2学期のmomo | トップページ | 特別扱い »

2007年11月 5日 (月)

就労について

ももにはまだ少し先の話ですが軽度発達障害の子どもの
就労について私の感じるところを書いてみます。

子が中学へと進む親さんが、その先の就労について
悩んでいる様子でした。
現在、手帳のない軽度発達障害の子どもは就労においても
法的に守られていません。
大人になって軽度発達障害がわかり、通常の就労が困難な事が
わかった人が、精神障害のほうで手帳を取って、障碍者雇用枠で
就職するべく、過去の成績の提示を求めて母校を訪れたという
話を聞きました。
よい大学を出た定型の人でさえ、就職して自立していくのが
難しい時代ですので、ジョブコーチのいるような大手企業への
就職の為に、高等養護への受験はとても大変だと聞きました。

ただ、その一流企業への就労でさえ、どこまで安定が補償されているのか?
大手でさえ、不正雇用をして行政指導される食うか食われるかの時代ですから
時間外手当の不正カット、サービス残業の強要、ジョブコーチは本当に
機能しているのか????いろいろ疑問はわいてきますし、
時代は変化していきますから、今後、国の経済がより悪化した場合、
まっさきに、不当解雇などされはしないのか?などなど
まさかの時の為の対策を自分なりに今から模索しておくべきなんじゃないか
と思うわけです。

無駄に終わるかもしれないですが、行政への働きかけはしていくつもりです。
しないよりはしたほうがましかもしれませんから。
ただ、行政に対して過度の期待は持たないほうがよいと思うのです。
その点について、その親さんと意見が食い違いました。

年金という名のネズミ講も、最初の段階から破綻が見えていたように感じますが
いよいよ運営が無理になってきたら、消費税でまかなうというなしくずしの結末ですし、
横領したって官僚は罪に問われる事もないのですから。
結局、おれおれ詐欺も国の法案も同じようなものなのです。
そんな行政にあまり期待して、がっくりするだけ損ですから、
自分の身は自分で守るべく発想の転換をしていかなくてはいけない
と思います。
療育先の先生も親たちが自分で子ども達の職場や住む場所をつくっていく
という方向が望ましいというお話を以前されていましたが、
私も同感です。

http://www.musou03.org/index.php
地域に理想の職場がないのなら、つくればいいと立ち上げた社会法人むそうさん。
その人の適性にあうだけ事業を展開するというのもびっくりしました。
こういう選択肢もあるのだなぁとこうままさんのブログで知りました。

NHK「生活ほっとモーニング」で放映されたようです。
以下引用
ここが私の仕事場です ~ある障害者支援の試み~
障害を抱えていてもいきいきと働き、地域の中で自立した生活を営みたい。障害者と家族のそのような願いを実現しているグループがあります。愛知県半田市の社会福祉法人「むそう」です。
その取り組みの特徴は、多角的な職場作りです。それぞれの障害者が自分の得意なことをいかせる仕事を選べるよう、ラーメン屋や喫茶店から、養鶏場、しいたけ栽培施設に至るまで、さまざまな事業を市内各地で運営しています。この取り組みを始めた戸枝陽基さんは「障害者の持つ力を引き出せるように環境を整えれば、どんな障害をもっていても必ず働ける」と考えています。
番組では、「むそう」の取り組みによって地域でいきいきと働く障害者の姿と、地域の人たちと障害者の交流を見つめます。

引用終わり

とにもかくにも、行政に過度の期待はしない。
隣の芝生を羨んでばかりいても仕方ない。
自分の運は自分で引き寄せる。

「運がある人っていうのは、自分で運を引き寄せて切り開いていく人
天から降ってくるのを待ってたら、あっという間に歳をとる」
これ、私の祖母の受け売りです。

どっちにころんでも大変ならば、やりがいがある大変さのほうが私好みかも。
人を動かすよりも、自分が動いてしまったほうが、楽ですからね。

してくれない、おもうようにならない。たまには愚痴もいいですが、
ずっとそうだとそれは辛いなぁ。
そう感じた今日この頃です。

ちなみに、つくることが好きなももには、伝統工芸のような職場が
いいのではないか?と療育先の先生からアドバイスいただきました。
ただ、私に似て、小さい時から自分というものが強烈にある子なので
親が強いたレールはけっ飛ばして、違う方向へ突っ走るような。。。





|

« 2学期のmomo | トップページ | 特別扱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107586/8766925

この記事へのトラックバック一覧です: 就労について:

« 2学期のmomo | トップページ | 特別扱い »