« 組織文化 | トップページ | ワーキングメモリ »

2007年11月22日 (木)

お友達

ももは、人が大好きです。
2次障碍の時でさえ、学校へは行きたいと言いました。
どうして?と聞くと、お友達にあえるからと返事します。

2学期に入り、ももと一緒に授業放棄していた男子児童も
ちゃんと座って勉強するようになって安心したものの、元気ありあまる子供達。
その反動で、いろいろ問題行動がエスカレートしていたようで
ちょっと心配していました。
ももにも、授業さぼるの誘っても拒否するのが気に食わない
のか、一学期はやさしかったのに、なにかと意地悪を
言うようになって、ちょっと辛いともも自身も言ってました。

ですが、今日、その男子児童の家に女の子数人で遊びに
いく事になりました。
メンバーは、男子児童の投げた下敷きがまぶたをかすめ、
切れて出血して大変だった女の子もいます。
親の心配をよそに、皆、仲良く遊んだようでした。

子供の喧嘩は、こうでなくちゃね。
喧嘩しても、何もなかったように一緒に遊べる。
子供らしくて、ほっとしました。

療育先の先生が以前してくれた話を思い出しました。
今のおかあさんはささいな事で、トラブルに過剰反応して、
かかわり事態をさえぎってしまうけど、
子供の時期の、喧嘩は子供の成長には必要で、
それをちゃんと経験せずに大人になると、
加減がわからなくて、常識を逸脱した喧嘩をしてしまう
ようになると。。。

大人の見守りがある中での、いろいろは
子供にとって必要なもの。

また、遊びに来てね~ってママに言われたから、
明日も行く~と行ってましたが、
毎日行くのは、お母さん大変だからやめようね。
と言い聞かせたのでした。。。

近所の子供は週の半分、もしくはそれ以上、塾通い
で遊ばない子供が多いのですが、
ももには、習い事なんか必要になれば習えばいいんだから
いっぱい遊んで、遊びの中でいろいろ学んで行って欲しい
と願うももははでした。

まだまだ一年生、皆、素直でかわいいです。

そして、今日は授業参観がありました。
図工だったんですが、見通しをつける下準備は
してあったのですが、いまいち集中力がなくて。。。
遊んでました。。。。
途中、クレパスを落としても、知らん顔。
お友達が拾ってくれました。。。

また案の状、机の中はぐちゃぐちゃで、物が
上手く入れられない状態。。。
ぐちゃぐちゃなので、お道具箱に道具を仕舞うのも
一苦労。
終了のチャイムが鳴って、みんなの机の上は
きれいになっているのに、
ももの机だけ、片付いていない。。。

と、そこへ、ひとりの男の子が風のように
やってきて、てきぱきと机の中にしまってくれました。。。
ありがたい。

はーっ。
いつも、いろんなお友達にお世話してもらってるんだねぇ。
ある意味、安心だけど、ある意味、不安だ。
再度、片付けの仕方を教えなきゃね。。。。

休み時間、ももは、仲良しのお友達と遊ばず、
大大大好きなブランコへ飛んで行き、ひたすらブランコを
漕いでました。
たまに、誘いに乗って、皆で遊んだりもするそうですが、
一人でブランコに乗りたいらしく、
「なんで?ひとりで遊んじゃだめなの?」と言います。
そこで、同じようにブランコが大大大好きなお友達と
真ん中のブランコを巡ってひともんちゃくあり、
お友達が、私にももちゃん、貸してくれないよ~と
文句を言ってきたので、貸してあげなさいよ。順番だよ。
と言ったら、そこで、ひぃ~と泣き出し、
もうブランコなんか一生乗らない!とやぶれがぶれに
なって走り去る始末。。。。
ももいわく、まだ乗ったばかりなのに、
なぜ変わらなきゃいけないの?だったそうで、、、。

ひぃーとならずに口で説明すれば済む問題だと
諭し、ひと段落。
その後、教室でお友達と楽しそうに踊っていたので
ほっとして帰宅しました。

学校はいろんなお友達がいて、マイナスもプラスもあるけれど、
やっぱり、ももの成長にとって必要なのは人とのかかわりなんだなぁ
って再認識させられました。

校長先生に特別支援学校への要請を受理してくださった
お礼をひと事、言いに行きました。
ももの他に、今2次障碍が悪化して、行動障碍が酷くなって
いる生徒がいるようで、その子も見てもらうと言ってました。

一番辛いのは、その子供。
少し様子を伝え聞いただけで、その子の辛さが伝わってきました。
次へつなげて、広めていく為にも、結果を出していただけるよう、
特別支援学校の先生には頑張っていただきたいと思います。

いろいろありましたが、校長の大人な対応に深く感謝しています。

|

« 組織文化 | トップページ | ワーキングメモリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107586/9051250

この記事へのトラックバック一覧です: お友達:

« 組織文化 | トップページ | ワーキングメモリ »