« ワーキングメモリ | トップページ | 日本人であるということ »

2007年11月28日 (水)

うれしい報告

一時は、特別支援学校の先生に入っていただくのは
無理だと、あきらめていましたが、
雨降って、地、固まる。じゃないですが、
新しい担当の先生の尽力と、校長の理解があって
やっと、現実とあいなりました。

計5人で、支援についての話し合いの場を設けてもらい
話し合うことができました。

担任からは、テストを時間内に終わらせることができないもも
を皆と同じ時間内で終わるということをしたいという話がありました。
時計の針が6まできたら終わりみたいにしたい、、、と。

私としては、出来る限り、皆と同じようにしていこうと思っているので
それには同意するが、明日からすぐというのは無理なので、
少し猶予の時間をもらって、時間にあわせて問題を解く練習をしたいと
申し出ました。
ももは時間の観念が希薄です。同級生達もまだ、時間の観念が
弱いですし、時計もちゃんと読める子は少ないように思えます。
ですので、タイムタイマーのように、考えなくとも目で見て一瞬でわかる
ものを時計の観念ができるまで使っていいですか?と聞きました。
たぶん、時間を気にするあまり、問題を解くどころではなくなりそうです。

とにかく、枠から少しでもはみ出すことが生理的に受け付けない
感じが伝わってくる担任は、返事をしぶってました。
ももの窓口になってくれている先生が戻ってみえるのを待って
再度話し合おうということで、その先生を待って、聞いていただいたら、
あっさりと、「そのくらいいいですよねぇ?担任の名前 先生?」と
おっしゃられ、4対1で、固まる担任の様子が、、、、、。

こういう大人数の話し合いでないと、タイムタイマーひとつとっても
前例がありませんのでとか言われてお終いだったと思いました。

私からの細かいお願いは、先日、窓口の先生にお願いしたばかりですので、

「発達障碍のあるもも、ではなく、ももという人間の一部分に発達障碍があるだけで
問題行動=ももの人格というように捉えて接するのではなく、ひとりの人間として
きちんと向き合って接して欲しい」とお願いしました。

支援学校の先生には視覚支援など、細かいアドバイスもしていただいた
ようです。

最初の一歩ですので、シンプルな話し合いにとどめ、徐々に具体的な
支援方法について話し合いが進めてゆければと思います。

校長からは、わざわざ、電話をいただき、今後も継続して、来ていただきましょうと
前向きなお話をいただきました。
文句ばかり言ってた自分を恥ずかしくおもうほどのありがたいお言葉を
たくさんいただきました。

また、今までのどの先生とも違って、非常に熱心で前向きな先生で
子供目線で物事を考えてくれる方を窓口にしていただけたことで、
いろんなとっかかりが出来たようにも思えます。
ももだけでなく、他の困っている子供達にも支援が上手く行き届く
ように、このご縁を大切にして、つなげてゆきたいです。

そうそう、担任がももを学習指導発表の場で、皆の前で発表させて
くれた時の成功体験が、ももの自信につながって、嫌いだった音読も
頑張るようになり、こくごが大好きになってきた~と楽しそうに話してた
ことを伝え、御礼を言いました。
どこまで効果があるかわかりませんが、、、前向きに捉えて協力
いただきたいですね。


とにもかくにも、いろんな方に深く感謝いたします。

|

« ワーキングメモリ | トップページ | 日本人であるということ »

コメント

海外で子育てしているんですが、うちの子は学習障害で、
生まれてから、中学生の今日に至るまで、大変な毎日の連続です。

ワーキングメモリについて検索していて、
こちらの日記に出会いました。

ワーキングメモリの情報が役に立ちそうです。

でも、ついでに斜め読みしていて、
モモちゃんのお母様の気持ち「わかるー!」

なんか言わずにはいられなくなってしまいました。

先生に、子供達に、親御さんたちにどう理解してもらったらいいか、
一方的に非難したくない、
でも、我が子のために、泣き寝入りは出来ない。

子供の将来をどう準備して行ったらいいのか
具体的なアドバイスが欲しいのにもらえない苛立ち。

様々な思いが乱れ飛ぶ毎日。
私の目、血走ってるのかな?なんて思うことも。

モモちゃんのお母様は冷静に、しかし暖かい愛のまなざしで書いてらっしゃる。
又血走り始めたら、心を落ち着けるために読ませていただきますね。

投稿: 李惠 | 2007年11月29日 (木) 00時15分

李惠さん、コメントありがとうございます。
海外での子育て、さぞ大変かと思います。

ワーキングメモリのプログラム、まだももは
使っていませんが、少し期待しています。
他にも視機能訓練のdvd、お値段も手が届く範囲ですし、
ワーキングメモリのプログラムとかぶってる部分がある
ように思えて仕方ないので、こちらもお勧めします。

お気に入りに登録してある のんびり娘の謎 という
seiままのブログはとても素晴らしいのでおすすめです。
そこに来てらっしゃるママさん達も学習障害などに詳しい
方が多く、いろいろと有益な情報をいただいております。

中学生になっても、言語理解に著しく困難が
あったお子さんが、全国模試で2番に入るほど
伸びたという話もありますし、
そのお子さんにあった成長をあきらめずに待つ
ことの大切さはあるのかもしれないと思う今日
この頃です。

いろんな素晴らしいお母さん方が多いですが、
私は、つい感情に任せて、ももを追い詰める事も
多い未熟な母です。
時には冷静になれなくても仕方ないですよね。
人間ですから。

子供の事ですので、簡単に泣き寝入りは出来ない
ですよね?愚痴を言うよりも、あきらめず、根気よく
お願いしていけば、前進してゆける事もあります。
してもらった事に対しての感謝も忘れずに生きていれば
いい事もきっとあると思います。

また、気軽によってくださいね!
ありがとうございました!

投稿: momoはは | 2007年11月29日 (木) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107586/9155704

この記事へのトラックバック一覧です: うれしい報告:

« ワーキングメモリ | トップページ | 日本人であるということ »