« お友達 | トップページ | うれしい報告 »

2007年11月26日 (月)

ワーキングメモリ

療育先の先生から聞いて、ずっと気になってた療法があります。
なんでもワーキングメモリの根本の部分を改善するプログラムだそうで
このプログラムを継続して一ヶ月程、受けたADHDや学習障害のある人の
約8割に改善が見られたという事です。
先生は学会でその情報を得たそうですが、すでに、日本でも取り入れている
ところがあるそうで、、、、。
捜して、わからなかったので、質問メール不可かもしれませんが、
メールしてしまいました、、、。

で、キーワードを変えて検索しましたら、ありました!!!
↓本家本元のページですかね。
http://www.cogmed.com/cogmed/articles/jp/3.aspx

日本では

http://www.kyozaishinbun.com/2007/10/post_165.html

http://www.neuwell.com/

http://www.kyozaishinbun.com/2007/10/post_165.html

主にADHD向けのプログラムらしいですが、学習障害や
他の発達障碍のこどもにもよさげです。。。

数唱などでワーキングメモリを測定するんですねぇ。
知能テストでも出ますし、ももも、保育園時代に療育先で
やってました。。。

なんだか読んでみると、ちと、視機能訓練のdvdや目力トレーニング
とかぶってる内容な気もしてきました。。。

ワーキングメモリーは短時間で情報を処理する能力で、注意力や集中力、計画性などと関連する脳の機能と考えられている。

とありますが、短時間で情報を処理できないから混乱し、集中できにくい為に注意もおろそかになり、聞けてない状態で、計画性なく、刺激のままにやめられない、、、
そういう根本が少しでも改善されるのであればと反応してしまいました。

記憶力はいいんですが、短期記憶〔今さっきの事がもうわからない〕は弱いのです、、、。
また、集中力もつづきません。
〔まれに、知能テストなどで2時間すごく集中して答えれた時はありましたが、、、〕
慣れがあって、怖くない療育先では、酷い時は、他の刺激に反応して、一方的に
話しつづけてとまらなくて、ほとんど何も手につかない時もあります。
先生はよくない行動は無視して、答えないでいても、、、それさえも、見てないし、
切り替えを即す先生の声も聞こえてないように、話しつづけ、注意はそれまくり、
時間切れとあいなります。。。

週末にたいそう服、給食当番の一式、上靴、給食袋などなど、どばっと持ち帰らなく
てはならない日は、たいてい、再度学校へ行くはめになります。
2つ注意を促すと、ひとつはきちんと出来ても、もうひとつは忘れてます。。。

また、人の話を聞いてないので、よくお友達に、最後までちゃんと聞け!とか
聞いたことを確認されています、、、。
〔これは、ももははも、そうだったりします、、、、。〕

勉強が出来ない以上に、これらの事は、他人も自分も不利益を被ることに
つながるので、なんとか出来るものであれば、なんとかしたいですねぇ。

なんでも飛びついてしまうのは問題がありますが、
8割に効果があったというのがすごく気になってます。

どなたか、これやったことがあるよ~って人がいたら
教えてください。。。

|

« お友達 | トップページ | うれしい報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107586/9126192

この記事へのトラックバック一覧です: ワーキングメモリ:

« お友達 | トップページ | うれしい報告 »