« 視機能訓練〔追記〕 | トップページ | ため息、出ます。。。。 »

2007年9月10日 (月)

最近の子供達

夏休みが終わったとたん、また毎日いろんな友達と遊びまわって
勉強などそっちのけの日々がはじまりました。
我が家にも、たくさんのお友達が遊びに来てくれます。

そんなお友達の7割が、勝手に人の家の冷蔵庫をあけます。。。。。

以前、友達に、子供の友達が遊びに来て、勝手に
「なにかないのぉ~」って冷蔵庫をあけるからびっくりしたという
話を聞いた時は、特殊な例と思っていましたが、
親がとてもきびしく躾けているお家の子までもが、
勝手に冷蔵庫あけて、こっちのジュースのほうがいい
とか、このドーナツ食べていい?とか言います。。。

人の家と自分の家の区別がつかないのは、
それだけ、世間が狭い証拠なんでしょ。
知らないこと、いけない事は、よその子だろうが、ちゃんと教えてあげなければ
いけません。
が、やさしく教えたつもりなのに、子供によっては
「サイテー」とか、「なんでぇーけちぃー」とかっていう返事が返ってきます。
こうなると、教えるが、注意するに変化します。
一緒におやつを食べても、ちゃんと、どうぞと言われてから、いただきますを
言って食べ、ごちそうさまでしたが言える子も少なくて、
そういう時は、模範生の子をオーバーに褒めます。
そうすると、皆まねしますから、「よくできました!」と皆を褒める事ができます。

私は田舎育ちで、近所づきあいが濃厚な土地に住んでいました。
よそのおばちゃんやおじちゃんに、えらい剣幕で叱り飛ばされる事もありましたし、
たくさんの大人の中で大きくなったように思います。
今の子供はそれだけ、狭い世界しか知らないから、注意されることにも慣れて
いないし、知ってて当然なこともたくさん知らないのかなぁと、
大人の責任を強く感じます。
大人もきっと余裕がないんでしょう。自分も含め。。。。

文部省が、体験学習を減らして、授業時間を増やしましたが、
こんな詰め込みの学習で偏差値がちょこっと高くなるよりも、
もっと教えなければならない事が、ほかにあるような気がしてなりません。

こくご力も、やみくもに本をたくさん読めばいいってもんじゃないような
気もします。

今となって、犬山北小の校長先生の偉大さを再確認しています。

ある意味、発達障害に焦点を当てて、環境をどうこうというよりも、
もっと大きな視点で、大きな枠組み、仕組みを再構築しないと、
思うような環境は出来ていかないのかなぁ~と、、、、。
学校だけでもだめ、家庭だけでもだめ、
学校、家庭、地域が一丸となって、皆で子育てする。

これ、時間数増やすよりも、たくさん本を読むよりも、大事なことのように
思えてなりません。

|

« 視機能訓練〔追記〕 | トップページ | ため息、出ます。。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107586/7878520

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の子供達:

« 視機能訓練〔追記〕 | トップページ | ため息、出ます。。。。 »