« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

ありがたい

数ヶ月に渡った市の福祉部会への参加も最後となりました。
まとめは、会長と副会長に託しつつ、いろいろ発言させていただいた事を感謝しています。
子供達に関わるいろんな立場の方々の代表者に直に、伝えられる場というのは
なかなかありません。また、逆にいろんな現場の声をお聞かせいただける事も
なかなかありません。
それぞれの方が、それぞれの立場で一生懸命、前に進もうと、一歩を踏み出して
いただけている事もたくさんわかりました。

時に、気持ちが膨らみすぎて、私達は、やや責めるような発言をしてしまいましたが、
また今後とも意見を聞かせてくださいと、なんとも、寛容でありがたい言葉をいただきました。

市の教育委員会の方でも夏休みにお逢いしてお願いをした、学校格差をなくしていく
為に各学校へ出向いていろいろお話と提案をしていただいたそうで、また、
支援をする側のサポートをお願いした件でも、すぐに支援員さんの増員
など、いろんなところから進めていただきました。
こんなにすぐに動いていただけるとは思っていなかったので、驚きました。

私が一番にお願いをしたのは、支援する側がやらされているのでじはなく、自覚を
持って支援していただけるように、理解を促すためのセミナーというか
教育を、市の主導で推し進めていって欲しいということです。
熱心な保育師さんや教員のいる園や学校だけが、どんどん先に進む一方で、
いまだ誤解をして、拒否感の強い園や学校は取り残され、子供達が困ったまま
放置されることがないように、均一な理解を推進してほしいということです。
私達当事者が個別に園や学校にお願いをしても、なかなか実現に結びつきにくい
現状がありますし、私達が主催して保育士さんや教員に来てもらうにも、壁が
あまりにも厚いので、トップダウンでやってほしいとお願いしました。

まずは、基本的な理解を共通にできれば、次に進んでいけるし、話し合いにも
なります。
支援の要はやはり人です。人の気持ちです。気持ちが抜けたままで、連携しても
それは機能していきません。

そちらの要望も、すぐに動いていただいていると聞いて、驚きました。

なんだか逆風も強いですが、追い風も吹いています。
逆風に負けずに、追い風に乗って進んでいきたい気分です。

親の会のメンバーの学校では、犬山北モデルを推進すべく、一般とは別に
保護者のボランティアをつのり、お母さん達がたくさん学校に入って、
いろんな授業の補助をしているそうです。
市内では2つの小学校がこういった試みをはじめています。
お隣の小学校では、犬山北へ見学に行ったときの感想文を学校へ持っていったら
参考にさせていただきます!とそれをもとにいろいろな話し合いをしたとか。。。
たくさんの大人に見守られて輝く子供の笑顔が目に浮かびます。

子供を育てていると、いろんな人に支えてもらって自分達がいる事を
日々強く実感します。
そうして、この恩をどういう形で返してゆけばいいのか、そういう事を
常に考えるようになりました。
こういったよい循環をもっと増やしてゆかねばなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

生きる力

私が尊敬している犬山北小学校の校長の言葉です。

http://www.inuyama-aic.ed.jp/kenboku.h.p/koucyo/nayami8.jpg

大人が上からの目線で教えてやる。ではなく、
子供自身に考えさえ、子供同士学びあわせる。
それが「生きる力」になる。と言っています。

参考書通りの答えだけじゃなく、自分で体験して
導きだした答えを出せる人間になることは、
とても大事なことです。

むつかしい公式がとけなくとも、苦手なことがあっても
いいから、生きる力を子供に身につけさせたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いろんな意見

http://www.nhk.or.jp/heart-net/voice/00001/00001_1059.html

http://www.nhk.or.jp/heart-net/voice/00001/00001_986.html

http://www.nhk.or.jp/heart-net/voice/00001/00001_980.html

http://www.nhk.or.jp/heart-net/voice/00001/00001_235.html

http://www.nhk.or.jp/heart-net/voice/00001/00001_219.html

http://www.nhk.or.jp/heart-net/voice/00001/00001_208.html

http://www.nhk.or.jp/heart-net/voice/00003/00003_1143.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

学校のこと

先週末、特別支援学校への要請をお願いすべく、要望書を持参して
コーディネータの先生のところへ行きました。
かえって来た返事は、、、、、、、、
「特別支援学校の先生に来てもらうと、ももちゃんは、養護学校へいかなければ
ならなくなりますが、それでもいいですか?」でした。
同じ市内の小学校では、ももと同じような通常学級に在籍している子供も
特別支援学校の先生に定期的に来ていただいていると聞いていたので、
そういう風に言うと、
「そんなことありえない、もう一度、確認してから言って!」といわれたので、
私は、自分が思い違いをしていたのかと思い、
「すいません。もう一度確認してきますので、保留しておいてください。」と
家に戻り、すぐに、親の会のメンバーに電話して聞きました。

すると。。。。。。
「別に落ち着いている時でも、通常学級の子供も来てもらって、指導してもらってるよ。
だって、法律でそう決まったんだから、普通の事でしょ。それをそんな風に親に
おどしをかけるような事を言うのは、おかしいんじゃないの?」と言われました。

そこで、はじめて、おどされたんだと、自覚したわけですが。。。。
振り返ってみて、入学前の事前懇談を当日その場でキャンセルされて、追い返された
日から、支援というよりは、逆の対応が続いているわけで、
さすがに、私も限界に来てしまいました。。。。。

話しあいさえ、常に、十分にとってもらえたことなどありません。
別に障害なくとも、権利として、なにか心配なり、話し合うべき状態にあれば、
学校と保護者が話しあう機会をつくるのは、普通な事なのに。。。。

なにか、うるさい事を言ってくる、保護者は、二度と来ないように叩けとでも
命令が出てるんでしょうか?????
毎回、薬を飲まないと寝れないくらいの言葉を投げかけられつづけていると、
正直、それを飲み込んで、学校と協力しあう、信頼を築くというのが、
精神的に難しくなってきました。

主治医にこのことを話したら、あまりに節度を欠いた言動は教育委員会に
言ってね。と言われました。

また、こんなに特別支援に格差があるのならば、親が学校と戦うのではなく、
システム自体を変えていかなくちゃいけないから、待ってなさい。と言われました。

そうやって、上のほうで、当事者の為に頑張っていただいてくれている方達の
足をひっぱるような感情的な対応は、親としてしたくないと強く心におもうもの、
目の前で、絶えている子供達がたくさんいる現実をみると、人間として、母親として
頭ではわかっても、飲み込みきれないものがあったりします。

ももが就学時に面談した校長は、自分の学区に特別支援学級がないので、
我が校に見学しに来たいと申し出たときに、「障害者が学区超えまでしてくるな」
と言ったそうで、そのお母さんは、ショックのあまり数日寝込んだそうです。
その前校長の考えを引き継ぐと断言した現校長ですから、こういう対応なのかも
しれません。
現校長は不登校の生徒の家まで直接言って、連れてくるある熱意はある
別の視点ではいい先生でもあるので、その面に期待していたのですが、
とても残念です。

私は、母でありますから、大人の都合は頭ではわかっても、子供の権利を無視
するような場合は、受け入れる事はできません。

別に特別なことをしていただかなくとも、最低限の共通の知っておくべきことを
きちんと相互理解しあるだけで、防ぐ、緩和させることは十分に可能です。
それを、何もせずに、何もおしえてもらえず、最悪な状況になるまで放置され、
さて、どうしようもなくなったときに、場当たり的に対処される、
どうにかしてくれと言われる。
最初の共通理解、初期段階での対応は、必要不可欠だと思います。
親が時間をかけて、要約した「無駄に先生に負担をかけないように」プリントは
受け取りたくないといつもしぶしぶ受け取り、
〔ですので、いつも感想なり、返事はなく、それについて、話しあいもありません〕
二次障害の次点で、親の対応を求められたので、療育の先生に学校に来てもらう
ことを申し出ると、断られ、、、、、。
また、二次障害にならない為にも、正規の手段である、特別支援学校の先生に
来てもらって、指導してもらうという方法も拒否。
先生達の間でもファンの多い、物腰のやわらか~い先生で、先生もひごろの
悩みを打ち明けつつ、相談できたらと思ったのですが。

ここまで頑なに、気持ちの上で拒否されるのであれば、いくら優秀な療法を
優秀な特別支援学校の主事に来てもらっても、無駄になりますね。。。。。。

軽度発達障害の子供は、一番、皆の迷惑になる。→いなくなって欲しい??。
とはっきり言った人たちですので、、、、、。

ここまで、どの先生に対しても、どんな言動をされても、
いいところを見つけて、いいところを評価し、感謝しつつ、
そうでないところを変えてもらうよう、努力と思っていましたが、
さすがにもう無理です。

〔でも、感情的な喧嘩はしたくありません。ただ、節度を欠いた対応には抗議します。〕

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

ため息、出ます。。。。

今日、ももが学校で、診断が下っている児童対象の、県教育委員会主催のセミナーの
プリントを持って帰ってきました。
大きく、発達障害と診断がついている児童の保護者限定と書かれています。
こんなものを、丸裸で、子供にお家の人に渡してねって、教室で渡す、学校って
どうよ????って、

その無神経さに、めっちゃ腹が立ちました。。。。。

一年生、そこまで漢字読めませんが、子供って敏感なんです。
なんだか自分だけ、このプリントをもらって、困ったような表情で
私に手渡しました。。。。

今、お気に入りにも登録してある井上先生の特別支援教育の本を読んでいますが、
http://aba.jugem.jp/

共通理解、連携という以前に、支援の枠組みだけが敷かれて、中身は空っぽで
支援する側の意識のなさに進むどころか逆行している感さえあります。。。

親の会のメンバーさんが、療育手帳の取得の為に県の心理判定師さんに
常識では考えられないような酷い、人権を無視した言葉を投げかけられて
反論しようにも、声を出すだけで、泣き崩れてしまいそうで、フリーズしてしまった。
と言ってましたが、
判定士に文句言えば、子供に影響があると思って言えないでいる親の
足許をみるような、非人道的な対応は許せません。

医療現場、保育園、幼稚園、学校、そして発達障害の当事者を支える
スペシャリスト達のこの見識の低さ。
どこへ行っても、その無神経さに親子ともども、ずたボロにされなきゃならないのか?

我が市では小学校就学で傷付いて、精魂尽き果てて、親子が心中した事件があったそうです。
その時、市長は「今後、このような事がおこらないように全力をあげて、、、、」と
謝罪したようですが、今でも毎年、人権を著しく侵害するような対応が続いていると
多く聞きます。

みんなの声を行政の上のほうへ集めて持っていく必要性と
待つのではなく、自ら動き、変えていかなければ、何も変わらない
そう強く思いました。


井上先生の本はこうままさんがおすすめしてたので、注文しました。
昨日、やっと届きましたが、
めっちゃ!使える!!!!!という印象です。


この本、発達障害のあるお子さんを持つ家庭には、一家に一冊必要な
素晴らしい本ですので、おすすめします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

最近の子供達

夏休みが終わったとたん、また毎日いろんな友達と遊びまわって
勉強などそっちのけの日々がはじまりました。
我が家にも、たくさんのお友達が遊びに来てくれます。

そんなお友達の7割が、勝手に人の家の冷蔵庫をあけます。。。。。

以前、友達に、子供の友達が遊びに来て、勝手に
「なにかないのぉ~」って冷蔵庫をあけるからびっくりしたという
話を聞いた時は、特殊な例と思っていましたが、
親がとてもきびしく躾けているお家の子までもが、
勝手に冷蔵庫あけて、こっちのジュースのほうがいい
とか、このドーナツ食べていい?とか言います。。。

人の家と自分の家の区別がつかないのは、
それだけ、世間が狭い証拠なんでしょ。
知らないこと、いけない事は、よその子だろうが、ちゃんと教えてあげなければ
いけません。
が、やさしく教えたつもりなのに、子供によっては
「サイテー」とか、「なんでぇーけちぃー」とかっていう返事が返ってきます。
こうなると、教えるが、注意するに変化します。
一緒におやつを食べても、ちゃんと、どうぞと言われてから、いただきますを
言って食べ、ごちそうさまでしたが言える子も少なくて、
そういう時は、模範生の子をオーバーに褒めます。
そうすると、皆まねしますから、「よくできました!」と皆を褒める事ができます。

私は田舎育ちで、近所づきあいが濃厚な土地に住んでいました。
よそのおばちゃんやおじちゃんに、えらい剣幕で叱り飛ばされる事もありましたし、
たくさんの大人の中で大きくなったように思います。
今の子供はそれだけ、狭い世界しか知らないから、注意されることにも慣れて
いないし、知ってて当然なこともたくさん知らないのかなぁと、
大人の責任を強く感じます。
大人もきっと余裕がないんでしょう。自分も含め。。。。

文部省が、体験学習を減らして、授業時間を増やしましたが、
こんな詰め込みの学習で偏差値がちょこっと高くなるよりも、
もっと教えなければならない事が、ほかにあるような気がしてなりません。

こくご力も、やみくもに本をたくさん読めばいいってもんじゃないような
気もします。

今となって、犬山北小の校長先生の偉大さを再確認しています。

ある意味、発達障害に焦点を当てて、環境をどうこうというよりも、
もっと大きな視点で、大きな枠組み、仕組みを再構築しないと、
思うような環境は出来ていかないのかなぁ~と、、、、。
学校だけでもだめ、家庭だけでもだめ、
学校、家庭、地域が一丸となって、皆で子育てする。

これ、時間数増やすよりも、たくさん本を読むよりも、大事なことのように
思えてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

視機能訓練〔追記〕

以前、紹介した視機能訓練のDVDですが、療育の先生が買ってくれて、
療育先で、楽しみながらチャレンジしています。
DSの眼力と違って、大きな液晶画面でやるので、より広い範囲を見るという点で
こちらのほうが、より効果的に思えます。
DSの眼力との違いは、レベルにもあります。こちらは、かなり簡単なレベルから
はじまって、徐々に徐々に難しくなっていくので、とっかかりやすいと思いました。
レベルがアップする度に金貨をもらえるのも、楽しみのひとつです。

ももは、音読が苦手です。鏡文字は直りましたが、文章のよみはじめ、
先頭がどっちか、そういう判断も苦手です。
行を飛ばす、勝手読み、など、文字を追うのに四苦八苦している感じがします。
学校からもらってきた音読カードを母に渡さずに、破り捨ててありました。
学校で読み間違えを笑われたのがトラウマになっているのか。。。。
苦手意識があるようです。

こくごの文章問題も、長いものになると、答えを見つけられません。
まず、長い文章を見ただけで泣き出します。。。。
こつを繰り返し、教えてはいるのですが、全体を見渡すのができない
感じが見受けられます。
これは、眼の視野が狭いというよりも、脳自体の視野が狭い
といった印象を見ていて受けるのです。
これをクリアするには、慣れるしかないのですが、
脳が全体を引いて見渡せる癖をつけるのに、この訓練は適しているのだと
わかります。

今まで、ももを見ていて、シングルフォーカスで見えているとはあまり感じませんでしたが、
この夏、長い文章問題などをやったり、この視機能訓練をやって、
脳が無意識にフォーカスしているな!と感じました。
文章問題を解くヒントとして、質問の言葉の近くを捜すという事は理解しました。
で、質問の言葉に線を引き、その言葉にかかる文章を探しはじめたとき、
ももの手が、答えの文章を塞いでたんですね、、、。
そうしたら、答えを見つけられずに、パニック。。。。
カメラのレンズのように意識が、寄りすぎるというか、視点がアップすぎて、
周辺が見えなくなるから、当然、見つけられないんですね。
視機能訓練も〔ここに以前のせたプリント〕指で指しながら進めるんですが、
右手だと自分の手で答えが隠れてしまって、なかなか探せないのが、
左手に変えて視界が少し開けるようになったら、探すのが早くなったり。。。
全体を見渡して一度把握してからはじめるとか、
もう少し引き気味で、目線を移動できないものかとつい思ってしまいます。
たかが、単純な訓練ですが、全体を見渡す癖をつける、フォーカスしすぎない
ような工夫を考えて、訓練していけば、いろんな事に影響していくような気も
してきました。
全体を見渡すということがどういう事かわかれば、すぐに行き詰って
パニックになる事も減るのではないか?
複雑な関係性を構築するときも、フォーカスしたままでは、永久に見えないし、
繋がっていかないものが、どう分類して、どう繋げれば答えになるか見えやすく
なるのではないか?
そう思えてなりません。

人間、視野が狭いとなにかと辛くなりますよね。
どう視野を広げるか?いろんな経験をつんで、いろんな人とふれあって、
いろんな世界を見て、引き出しをたくさん持つことで、少しは楽に生きられるようになる。
ひとつひとつ、乗り越えて経験を積む事で大変!が大変でなくなる経験をたくさん
して、自力で生き抜いてゆけるような強い人間になってもらいうたいなぁ。

なんだか話が途中で脱線してしまいましたが、シングルフォーカスも克服できる?

ゲーム感覚で、楽しめる訓練ですし、DVDもそんなに高くありませんので
おすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

どうぶつの森で時間の観念と季節を知る

Ds 2年前から、ももには時間の観念を少しづついろんなものを使って
教えていますが、なかなか入っていきませんでした。
ももが大好きだったしまじろうのDVDにも、そういったお話はたくさん
あったはずですし、こぐま会の季節カードや、言語のプリントなど
繰り返し、やってきました。

いつかは、わかる時期が来るだろうと、気長に考えていましたが、
最近、今日は何日で何曜日で、季節は夏だけど、こおろぎとか鳴きはじめたし、そろそろ秋になるんだよね。な~んて言うようになって、少し驚いています。

お盆休み前から2週間ほど、滞在していた姪たちの影響で、どうぶつの森に
はまり、あれほど、ゲームはだめと言っていたパパがソフトを買い与え、
朝も、夜も、時間があれば、すぐにどうぶつの森、、、、、な状態。
起きてすぐにどうぶつの森、どこかへ出掛ける時も移動中どうぶつの森、、、。
時間が長引くと、お終いにしてね!と注意するのですが、「あと一匹、虫捕まえたら
終わりにするから」と、そんな事ばかり言っています。
どうやら、このゲーム、時間の流れ方が、現実と同じで、四季もあり、釣れる魚や
虫、果物なんかが、時間や四季と連動しているそうで、
庭にもこおろぎ、鳴いてるけど、どうぶつの森もこおろぎが捕れたよ。と言ってました。
2年に渡り、効果がなんにも出てこなかった季節カードがここに来て、やっと
効果を発揮しはじめた???かんじみたいです。
一年の流れを私に質問したりしてきて、、、、。なんでもいいので、自ら興味を持って
くれるのは、ありがたいかも。。。。

拾えるものは、なんでも拾って、たぬきに売りつけて、物凄いお金持ちになっていた
のもびっくりしました。
「ママ!お金稼ぐのっておもしろいねぇ~」って、、、、????
ついでにお金にも興味持ち始め、大人ってどういう風にお金を稼いでいるのか?
そもそもお金って何?と連日質問攻めにあっています。

今日は、斧でもって、木を切り倒しまくって、それを売りつけて荒稼ぎしてたようで、
「あまり木を切ると、なにか自然災害が起きた時に、困るのよ!木は人間に
とってとても大事なものなんだから、やたら木を切ってはいけません!」とつい
注意してしまいました。。。
ももいわく、「知らなかった、もうたくさん切らない」と言ってました。

写真は、あけてもくれても、DS三昧のももの姿です。
あまりゲームにはまるのは、困りものだけれども、興味を持ってくれる
きっかけとしては使えるのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »