« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

ちょっといい話 2

先日なにげなく福祉ネットワークを観ていた時の事です。
その日の放送は、統合保育についてで、同じ敷地内に健常児の保育園と
障害児の通園施設があり、とても自然な形で両方が上手くかかわりあって、
子供同士の深い絆でもって、互いがよい方向へ、成長している様子を
伝えるものでした。

大人が考える以上に、子供たちは、障害なんて気にせずに、天真爛漫に
関わる様子がとても心に響きました。

同年代のお友達と関わる事が苦手な自閉症の男の子。
最初は手をつなぐのも、とても嫌がっていたが、最後は自然と
お友達と手をつなぎ、皆と関わる楽しさを覚えていきました。

肢体不自由な男の子が、交流に来てくれる女の子の導きに
よって、動かない足を必死に動かして、一歩一歩、その子の
ところまで歩こうとする姿は、胸を打つものがありました。

子供同士、誰かに強制されてではなく、自分から関わりあい、
心と心でしっかりと強くつながっていく様子が感動的でした。

子供って、大人の想像を絶する力を、皆、持ってるんだと
感じました。

こういう統合保育、統合教育が、日本にも根付くといいのにね。

さて、最初はどうぶつの森に没頭して、テレビなど観ていなかった
ももが、気がつくと、私の横にいて、テレビを観ていました。

あら!びっくり!

そうして「ママ!なんていい保育園なんだろ!」と言いました。
みんな仲良くて、みんなにこにこしてて、私もこういう保育園に
行きたかった!
そう彼女は言ったのでした。

ももの学校も、この保育園みたいに、みんな仲良しで笑顔が
あふれる学校になれるといいね。と、言うと、
学校は、勉強があるから、笑顔ばかりじゃいられないかもね。
との返事。

人と関わる事の大好きなももは、保育園時代、いろんなお友達に
助けられて、成長してきました。
子供にとって環境はとても重要です。
のびのびと、本来の自分の持つ力、もしくはそれ以上の力を出す
ことも可能だし、逆に、自分の力を出せずに、自己否定に入って
しまう事も簡単。

いろんな子供の成長に関わる立場の人に是非、みてもらいたいと
思った番組でした。
どんな言葉でも言い尽くせないものが、そこにはありました。
子供たちの心からの笑顔に全ての意味が的確に表現されているように
感じました。

http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/0705/70509.html

あそんでくれてありがとう ~障害を越えた子どもたちの交流~

内容

保育園と同じ敷地内にある障害児の通園施設「子ども発達支援センター・愛」が山口市にある。障害者も健常者も共に生きる・・・そんな環境を子供のころから育みたい、という思いで作られた全国的にも珍しい施設。施設では毎週一回、隣接する湯田保育所との交流を行ってきた。保育園の子どもたちからさまざまな刺激をもらうことで障害のある子ども達の表情や行動に小さな変化が現れ、また保育園の子どもたちも障害のある子どもたちといっしょに遊びながら自然に関わるようになっていく。
番組ではふれあいを通して成長していく子どもたちの姿を8か月に渡って見つめた。



関連情報

湯田保育所  TEL:083-922-6545

子ども発達支援センター 愛  TEL:083-933-1070


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

ちょっといい話 1

ベネッセのサイトに、よいお話が掲載されていましたので
紹介したいと思います。

http://benesse.jp/blog/20070130/p2.html

以下抜粋

しっかりと「手びき」する先生[こんな先生に教えてほしい]

「教師とは……。教えることとは……。
子どもたちとしっかりと向き合い、寄り添い、導くこと。
授業の達人の言葉です。」

これは、担当している「わくわく授業」という番組で、2005(平成17)年3月31日(木)放送の「教えること 育てること -授業の達人の言葉から-」で、私がラストコメントとして書いたものです。

この回では、大村はま先生、荻須正義先生、齋藤喜博先生という戦後の学校教育をリードした3人の先生方を取り上げました。そして、3人の先生方の授業の記録映像と証言をもとに、当時、静岡大学助教授の堀田龍也さん(現在、独立行政法人メディア教育開発センター助教授)とその優れた点は何かを探ろうとしました。

3人の先生方の授業に共通していたことは、「子どもたちを導く目標をしっかりともち、そこに手びきするための手段をもっている」ということでした。このことを短い言葉で表すと今回のタイトル「しっかりと『手びき』する先生」ということになります。

3人の先生のなかで、「教えるとは手びきすること」とお話しいただいたのが大村はま先生です。大村先生は「子どもたちを豊かな言葉の使い手にする」ことを目指し、1928(昭和3)年、22歳で初めて教壇に立って以来、52年にわたり、国語を教え続けたかたです。

番組を作りながら「なるほど!」と思ったのが、大村先生が授業の前に必ず配る「学習のてびき」と呼ばれるプリントです。クラス全員に配られるもので、たとえば、1969(昭和44)年の授業で読書感想文を書かせるために使われた「学習のてびき」には、何を書けば感想文になるのか、発想の手助けをするためのヒントが20項目にわたり書かれています。

「読んで感じたことを書きなさい」では、子どもたちは書けない。自分の書きたいことがわからない子もいるから。そこで、ちょっと手伝うことが必要で、それを「手びき」すると大村先生は呼んでいました。学習を本当に価値あるものにするための指導です。

目標に到達するために、子どもたちの状態に応じて、的確な指導をすることができる先生は、授業の達人だと思います。そんな先生方のことを、私は「引き出しの多い先生」と呼んでいます。その引き出しには、可能性を伸ばすさまざまな鍵が詰まっています。
そして、その鍵には、積み上げ、練り上げられた、人を教え育てることの哲学が含まれています。

今、授業力が低下している先生が増えているといわれています。
これを解消するには、教員養成制度を見直し、先輩方の卓越した技術と哲学を継承することが欠かせません。
私が担当する番組では、そんな「手びき」を記録し、紹介したいと思っています。

「この授業をするとどんな力が付きますか? そのためにどんなことをするのですか?」
私がわくわく授業の取材で、先生方に話を聞くときに、最初にする質問です。

以上

ももがこの夏からはじめた学研の教材も、最初は、ほとんど答えがわかるような
シールを貼るなどの取り組みからはじまって、ちょっとづつ、ちょっとづつ、
難しくなっていっています。
ですので、べた付でなくとも、自分でどんどん学習を進めていけますし、
満足感や、達成感も得られます。
主に、自閉症の子供達に有効だと言われているスモールステップは、
もう、こんなに一般的になって、当たり前の事と認識されているんだなぁと
再認識しました。
そういう自分もつい大人の尺度、自分の尺度で、ももを測ってしまいがちですが、
子供の目線で、いかに上手く導いて、自信を積み上げさせていく事が必要か
日々、実感しながらここまで来ましたので、本当にそうだよね~と思いながら
読みました。

学校の話をすると、すぐに指導要領に基づいて指導しますから、無理と聞きますが、
指導要領という大人の都合が先行されて、実際、多くの子供が理解できなければ
意味がないとつい思ってしまいますし、
どんな子供にも、わかりやすいという事をシンプルに捉えて、実践してもらうだけで
先生も子供も、わくわくできるのになぁ。。。と思います。

ほんのちょっとの事なのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の発達障害~就労

NHKの福祉ネットワークで先日放送されていた
「大人の発達障害」。
どの方も、見た目、話し方は、とても理知的な顔立ちで
しっかりした話し方から、発達障害があるとは感じられない。
しかし、時間管理が出来ない。
出来ない事を責められてパニックになり、会社をそのまま飛び出して
帰ってしまう等々。。。。
そして、自主退職を迫られ、転職しても同じ事の繰り返し。

みなさん特に時間管理が出来ないと言う。
寝坊した!と思って飛び起きて、出社したら夕方だったとか。。。
時間的な融通が利く仕事、もしくは仕事場でないと
無理な様子。
仕事をはじめるエンジンがかかるまで、半日かかる。
音楽聞いたり、遊んだりしないと、仕事に取りかかれない
らしい。。。。

芸術家や研究家でもない限り、普通の主婦でも
時間管理は必要になってくる。

昔と違ってネットが発達した今は、会社に出勤しなくとも自宅で
出来る仕事もたくさんあるが、
やはりそれは、独り立ち出来るスキルがすでにある場合。
頑張ってスキルをつけて、会社に属さず、時間管理と経理を
請け負ってくれる人をつければ、なにか強みのあるものを
持ってる人はやっていけるのかもしれないと漠然と考えた。

以前、民放の番組で、夫婦交換する番組があって、
どうみても発達障害があるように見える主婦が相手の家で
洗濯ひとつとっても、失敗し、服をダメにしてしまい怒られ、
料理も掃除もなにをやってもダメという人が出てた。
家では、旦那さんが連れ子の子育てから家事までこなしてから
出勤していく様子が写されていた。
その後の追跡番組で、この夫婦は離婚していたのがわかった。
旦那も元奥さんに情はあるし、見捨て切れないで離婚後も世話を
していたが、相当、生活に疲れた様子だった。

もも も、まだ時間の感覚は、身に付いていない。
母はせっかちなので、物心ついた時から、せかす事が多かった。
それで、よけい焦って、パニックになったりしていた。
出掛けにアクシデントの多いももなので、一本早い電車に
照準をあわせて用意するが、気がつくと、ギリギリの電車にも
乗り遅れそうになって、いつも走らせてた。
「ママ~。電車も線路もなくならないよ。待っていればまた次が来るから
走るのやめようよ~」といつも言われた。
今、思い返してみると、随分、かわいそうな事してたなぁと思う。
ただ、人間、突然変われるわけもなく、今も基本は変わっていない(笑)
黙って見守るはずが、ついつい手がでて口がでて、
「ママあっちに言ってて」と言われる。(笑)


障がいがあっても自己防衛出来ないと、滅びるのは自然の掟。
そう考えて、パンクしない程度の無理はありだと考える。

今後、日本の社会構造もグローバル化に伴い、欧米化が進むのかも
しれない。
そうすると、今よりももっと実力がものをいう社会になっていくだろう。
賃金も安くて、優秀で、文句言わずによく働くインド人や、アジア系の人が
今よりも増えるのかもしれない。

もえぎの先生が、江戸時代にはおそらく発達障害を持っていると思われる
優秀な職人がたくさんいたと言っていた。
今のような社会構造ではないので、一芸に秀でて、ひとつの事をルーティーンで
きっちりこなすのが得意な自閉の人が得意とするような職がたくさんあったらしい。
今は、機械化が進み、伝統工芸以外は、そういった職がなくなってしまった。
江戸時代や、私達の産まれ育ってきた、戦後の日本のような経済が安定した
時期ではなく、これからは、逆に冬の時代へと突入しそうな予感もある今、
もも達が、成人する頃を想定して、親として何を今してあげるのかよいのか?
いろいろと考えたりもした。

発達障害への認知と理解が広まり、企業の中にも構造化が出来ている?と
予想するよりも、今よりも人々は余裕がなくなり、世の中がすさんで、地域も
機能しなくなり、国も斜陽で、社会福祉どころではない状況を想定して、
その中でも強く生きていけるような生命力を養ってほしいとさえ思う。

まだ力なく幼い時は構造化は必要不可欠だが、だんだん構造化がなくとも
乗り越えていける力を養ってもらいたいと思うのは、
とかの考えになるのかもしれない。

来週月、火と昼に再放送、あります。

| | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

あれから‥

ずっと順番を待っていた病院に再度並び直せと言われ、再度並び直すべく
提携の病院へ行き、紹介状を書いてもらい、予約電話を入れるも、
「通常は2~3ヶ月といいつつ、いつになるかわからない」と言われて
あまりの辛さに電話口で泣いてしまった母でした。
その後、受付の方が、再度、先生にいきさつを伝えてくれて、
この夏休み中に受診できました。

医師は、診断をつけるのが役目。そういうお考えがあって、
一度診断がついているものは診断を受けない方針と伝え聞いていたので
いつになるかわからない‥になってしまったのだと想像できたのですが、
そんな四角四面では、当事者は困るわけで、
立場やきまりというものは重々承知した上で、どうにかして欲しいと
懇願したわけであります。
だって、あきらめたら、ももの一生に影響しますから、親ならば
物分かりよく受け入れられる時とそうでない時はあると思うのですが。。。

そんなわけで、災い転じて福?となったのです。
伝えてくれた受付の女性と、先生には感謝しています。

私は、現状の病院と医師に過度な期待はなにも抱いてません。
ただ、療育の先生や親ではなんとも対処できない状況に陥った時の
医学的な対処を望んでいるだけです。

立場が違えば、考えも違うのは当たり前で、大人としてそれは頭では
十分に理解しているつもりです。

しかしね、どうしても、能力的に限界のある子供に、大人の都合に
最初から、そこまであわせなくてはいけないのか?という部分が
全く腑に落ちません。

自閉症の業界で第一人者の先生に対して、もの申すつもりもないですが、
医師が、診断を下し、薬の投与や入院での受け入れをするのが役目では
あるのでしょうが、やはり、療育やその後のフォローをしていけるような
連携を持ち、総合的に支えるような、当事者の立場に立ったサービスを
考えていって欲しいと切望します。
私は医療もひとつのサービスだと思っています。
日本の医療制度、社会制度は、欧米のそれとは全く違いますから
このようなある意味、社会主義的な官僚的な構造になっているとは
思うのですが、根本はサービス業と思うべきと考えています。

自分ではなく、子供がたらいまわしにされるのは、本当に辛いものです。

せっぱ詰まって相談しているのに、当事者の思いとは違う返答が帰ってきて
二度ともう病院には行かないと言っていたお母さんの気持ちも
私には、痛いほどわかるのです。
当事者はもう十分すぎるくらいに常に傷ついてきているのです。
その傷口にからしを塗り込むような言葉で刺激されたら、
誰でも、防衛本能で、これ以上傷つきたくないと思うでしょう。
私は、このお母さんは、それでも立場の違いを理解して、
ぐっとこらえて、万が一の時に薬を処方してもらう為の手段と
割り切る必要もあったのかな?とは思うのですが、
こういう決断もありかなと、また別の視点では思えてしまうので
あります。


こうやって、当事者は、世間とはそういうものだと
あきらめる事に慣れていくのかな?
私はね、半分、あきらめつつ、根本ではあきらめてたまるもんか
って思っている。
自分の信じた核の部分を、人はそう簡単に捨てられない。
一見、白も黒と言い、同化したように見せかけて、本心を
隠しながらも、チャンスを待つというのを処世術というのなら
そういう事も必要なのかもしれない。そう思う。

ももは高機能というよりもアスペだと言われた。
私は、診断名にはあまり興味がもうない。
学校を担任をももにあわせるのではなく、ももが学校にあわせる
のが基本と言われた。
ももにあわせるというのは、歯医者に内科的な事を受診して
治療しろというもんだと、先生はおっしゃいましたが、
それは、120%納得出来ない。
法律が決まって、歯医者も内科的な知識を持って対応しろと
決まったのであれば、それをするのは仕事なんですから
出来ないとか、いやですと拒否しては基本的にいけないと
思うんですが。。。。
それをする前に大変だと思い込んでいるから拒否につながるわけで
法律で決まっちゃったし、さっさとスキルを身に付けたほうが、
学校も、担任も、子供も全てが楽になれる。そう確信しています。私は。
ももは120%以上、あわせていますって、、、、。
努力しても、どうにもならない部分も、無理矢理あわせさせる事は
パンクに繋がります。
だからと言って、パンクがこわくて、全ての刺激から遠ざける事は
ももの成長にとってマイナスにしかなりません。
ほんの少し手を差し伸べてもらえるだけで、この子達はがんばれるのです。
ちゃんと、我慢も覚えられるのです。
まだ、羽が十分生えそろっていない雛に、無理矢理飛ばせるわけには
いかないのです。

この親の願いが声が神様に届きますように。
どうにも煮詰まって動きがとれない時は、
ついつい、神頼みしてしまいます。。。

それから、女の子のアスペというのは、母親の遺伝が多いのでしょうか?
貴方は社会的に大丈夫か?と聞かれました。
少しも思い当たる部分はありませんと答えましたが、
なんども、人間関係で上手くいかなかったりしますか?と
聞かれ、、、、閉口してしまいました。。。苦笑
そんな反社会的に見えましたかぁ????
これでもずっと皆をまとめるような役目をする事が多かったし
社会人になっても、脱落者の多いきつい会社で、何年も生き残って
スキルを積み上げてきましたし、社会的に欠陥が強ければ、
無茶言うお客や上司に対応できませんって、、、、。苦笑
先生の直球にたじろぐ母でした。

そう言いつつも、受け入れていただいた事に
とても感謝しています。
先生の事は本などでしか、間接的に存じ上げませんでしたが、
実際、お逢いした印象は好印象でした。

万が一の時は、環境を変えて、リセットが一番効くのがこの子達です。
万が一の入院の時の為に、病棟を見学していきなさいと案内されました。
が、ももは入院?病棟?と聞いて、急に顔色を変えて
「病気じゃないよ!?入院しない!いやだ!いやだ!」とパニック。
「入院しないって!見学するだけだってば!」と言うも、
最後まで今すぐ走り出して逃げ出してしまいそうな感じで、
入院している子供にはももの態度は失礼で、申し訳なかったです。
病院は、写真でみるよりも、素敵で、病室もあまり病院病院してなくて、
素敵でした。
すぐ隣の養護学校と橋で繋がっていて、そのまま学校へ通えるらしい。

あまり入院させるまで、ももが追い込まれる事は、想像したくはないが
万が一の時の選択肢として、こういった環境があるというのは
とてもありがたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

心がササクレ‥

ハッピーで、ほんわかした事が書きたかったのに‥・。
なんだか、心がささくれる事ばかり。

ももは最初に受診した担当医からはじまり、
すぐに先生がいなくなったり、かかった先に軽度の子供はわからないと
言われたりで、腰を据えて医者にかかるという事が出来ていない。
もう医者なんか!どうでもいいやと思っていたが、
療育の先生の強いすすめで、評判のいい先生にかかった。
が、いつの間にか、その先生も転院されていて‥。
転院先は、私の大嫌いな引っ越し前のところにあった総合病院。

ももが小さい頃、2日熱が下がらず、すぐに吐いてしまう為に
救急外来にかかった。
嘔吐がは酷いので、薬どころか水も飲めない。脱水が心配。
そういっているのに、薬を出しますから、、、と答えるインターン。
「だから、薬もらっても飲めないっつってんでしょうが!」とブチ切れて
インターンが「しょうがないから、点滴でもしますか」と返事。
点滴をしてもらっていると思っていたら、30分後、なにか遠くで
ももらしき泣き声がきこえるような、、、、。
そうです、、、30分も針がちゃんと刺さらないと、あちこちさされまくって
ももの腕は針の後で赤く腫れ上がり、
「血管が細くて‥」と半泣きになりながらも尚、刺そうとする看護婦を見て
爆発。
インターンに上司を呼んで欲しいと伝え、状況を話したら、
「だって私小児科医じゃないもん!」と拗ねるインターン。。。。
もうね、馬鹿と話ししても時間の無駄と、別の市の救急病院へ行きました。
私だけでなく、爆発したお母さんは数しれず、みんな行きたくない病院として
評判の高い病院。。。。。

愛知小児には3年前に電話予約を入れ、それがそろそろまわってくる時期。
そう話ししたら、寮育の先生も、「なにかの時は、小児科のプロが揃っていますから
はやり、そちらを受診するのが、ベストです」と言う。

が、少し前、そこの提携医であり、親の会をバックアップしてくれている小児科医の
奥さんが、「なんか春から、提携医からの紹介でないと受け付けないようにシステムが
変わったみたいよ!」と教えてくれた。
そんな事、寝耳に水だ。
さっそく電話してみると、2年だろうが、3年だろうが、以前受け付けた予約はほぼ
無効になったとの事。。。。。
そんな馬鹿な事があっていいものか!と言うと「システムがそうなりましたから」と
お役所的な返事しか帰ってこない。
おかしいじゃないの?ももよりも先に提携医から紹介されて順番待ってる子は
もう受診してるのに、何倍も待ってるももは、無効???もう一度並び直す?
なんじゃそりゃ?
お知らせぐらい、さっさとしてもいいよね?もう半年たちましたが。。。。。

なんだかね、どこへ行っても、大人の都合ばかり。
本人達を支えるシステムがこんなので、養育者は気が休まる暇がない。
市役所の会議に出席して、まずは本人達への支援がきちんと行き届くように。
そして同時に、養育者や、関係者(園の保育士や学校の先生)への支援も
欲しいとお願いしてきたが、なんだかほど遠い状況だなぁ。

なんだか、気をつけていないと内側にわーっと閉じていってしまいそう。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »