« 荒れています‥‥ | トップページ | 案ずるより産むが易し »

2007年6月25日 (月)

もつべきものは‥

出来る限りの事はしていると思っていたのに
かつてない程ひどくなったももの問題行動に対して、どうしていいのか
わからなくて、親自身パニックになってましたが、
今日、寮育の先生に相談にのってもらって、具体的な対応策を提案してもらい
ももの状況も推測なんですが、私達が理解しやすいようにかみ砕いて説明
してもらい、ちょっとほっとしているところです。

なにか問題が起きた時、主治医がすぐに時間がとれるか?
すぐに薬で解決せずに、具体的な対応を丁寧に考えてじっくり
話を聞いて答えてくれるかというと、答えは否でしょう。

同じ子供を持つ親へ相談もよいでしょうが、10人十色のこの子達
やはり、長いスパンでずっと子供の成長を見守ってくれて、細かい事も
理解し、対応してくれる専門家がいるかいないかは、
子供と家族にとって安心感が違ってくるな‥と改めて思いました。

医療機関は診断を付けるところと考える医師が大多数ですが、
やはり、親の立場からすると、その後の長期的なフォローは絶対必要だと
感じます。
東海市民病院のような体勢が近くにも欲しい。
予算的な問題があるのであれば、そういった人材確保、
そういったネットワークづくりをしていただきたいと切望する。

ももは、心理テストでは、相手の心理がよく読めていると出た。
しかし、言語の遅れなどからくる発達は遅れていて、そのでこぼこ具合が
今の状況を生み出しているのかもしれない。
感覚過敏がきつくなってきているのも気になる。
ももは、人の表情をとてもよく見ていて、人の心の動きにある意味で敏感
である故に、心が傷付いてしまう。
しかし、対処の仕方がわからない。心が自分でもどうしていいか
わからなくなるほど、激しく動揺してしまって、
自分を守るのに、精一杯になってしまう。

このでこぼこが激しいのがももの個性。
親の勝手、大人の都合で、平坦をついつい望んでしまうが‥。

もも自身が自分のでこぼこに一番困っているんだろうねぇ。
ももはこれから先もこうやって傷まるけになりながら、少しづつ
強くなっていくしかないんだろうなぁ。
私は、傷が深くなりすぎないよう部分的にしか介入できない。
見守るだけしか出来ないけど。

とりあえずは、今すぐに出来て即効性のある対応策を担任に徹底して
とってもらえるようにお願いし、
ももも大好きな学校へ「もうしないから、行きたいけど、いい?」と
パパに自らお約束したそう。
(パパが、暴力ふるう子は学校やめなさい!と叱ったので。。。)

堀田あけみさんも言ってたけど、障碍があるからと、他の子供との
関わりを遮断してしまうと、大人になっても自立出来なくなる。
ポイントだけ大人が介入して、逃げ場所もつくってあげれば、
子供はお友達と関わりたいという想いの中で、自然と自分をコントロール
するようになる。。。。
感覚過敏が酷いからと、ありとあらゆる刺激を永遠に遮断しつづけるか、
自らの苦手をコントロールできるようにして、適応していくか、
大きな無理はさせてはいけないけど、小さな無理なら好んでさせてみよう
と言ってたのが、心に残った。

明日はウォーリーさんの啓発授業が見れる!うれしいな!

|

« 荒れています‥‥ | トップページ | 案ずるより産むが易し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107586/6897781

この記事へのトラックバック一覧です: もつべきものは‥:

« 荒れています‥‥ | トップページ | 案ずるより産むが易し »