« 案ずるより産むが易し | トップページ | 特別支援 »

2007年6月27日 (水)

ウォーリーさんの啓発授業を見てきました!

昨年秋にウォーリーさんのブログを読んで感動と一歩踏み出す勇気を私にくれた
T小学校での啓発授業と子供達の言葉。
地元の親の会のメンバーとして参加させてもらいました。
市内いちのマンモス校だけあって、元気な子供達のパワーというか、校内に響く声
ひとつとっても違うなぁと思いました。
犬山北小にづつき、こんな素敵な体験をさせてもらうきっかけをくれたダンテさんに感謝!
教頭先生が私達を出迎えてくれたのですが、よその学校の親なのに、とても暖かく迎え
入れてくれて、「とっても素晴らしい授業なので、楽しんでみていってくださいね~」と
にこにこ笑顔で言っていただけたのが、とてもありがたかったです。

さて、テレビや新聞でたくさん見聞きしてきたウォーリーさんの啓発授業なんですが、
実際に参加させてもらったのは、はじめてだったので、ドキドキワクワクでした。

わかり易くて、とっても楽しい!実際参加させてもらって、感じた印象。
大人、子供関係なく、これってとっても大事なんですよね。
それに目線が低くて、とてもやさしいんです。低いから、抵抗なく、すっと入っていける。
特にウォーリーさん自身の持つ、やわらかくて、やさしい独特のオーラが素晴らしい。
子供達ものりのりで、ホント楽しそうです。

ウォーリーさんの言葉で一番心に残ったのは、
今日の授業はあくまでも、みんながこの体験を通じて、自分でなにかを考える
きっかけにしてください。
という言葉です。ああしなさい、こうしなさい、といった高い目線からじゃない。
これは、一番重要なポイントなのかもしれないと、感じました。

大人の世界では、きれい事で物事が進まない事も多く、どれだけ頑張っても
ある意味、政治力がないと、正義は簡単に潰されるなんて事はよくあります。
政治力でもって、問題を解決しなければいけない時もありますが、
やはり、それも時と場合によりけりで、強引になにかを圧力で変えようとすると、
目先は成功したように見えても、失敗してしまう可能性が高いのかな?
なんて考えました。
去年、ももの通う予定の学校長に対して、強硬なコメントをした時に
ウォーリーさんがアドバイスしてくださった事が、今更ながらに、腑に落ちてきた
という感じでしょうか?
素直な子供達じゃなく、自分というものがある大人に対しても、
無理矢理わからせる、じゃなく、あくまでもその人自身に気付いてもらう事が
大事だって再認識しました。

また、自閉症を通じて「苦手」について考える
というスタンスも大事ですね。
言葉で説明すると、なんだか難しくて、よくわかんないや!になってしまいがちな
自閉症の説明も、自分に置き換えて考えられる体験を通じて、先生も生徒も
な~んだ!そういう事だったのか!と深いレベルで腑に落ちる。
障碍っていうと、なんだか自分達とは無縁のように思えてしまって、頭では
理解したつもりになっても、実はなんにもわからないって事は多いけど、
この体験授業や、ウォーリーさんの言葉かけひとつひとつは、とても身近で、
自分達にも、出来ない事や苦手な事はたくさんあるし、あまり僕たちと変わんないじゃん!
みんなちがってるもんなんだ!違い=個性って思えるっていうのが素晴らしい!
まず、基本的な知識を、見聞きし、それを実際、体験する事によって、意識の深い部分までに
届いて、定着する。なんて!よく考えてあるんでしょ。と関心しきり。

なかなか理解するのが難しい自閉症の理解がすんなりできて、
人間として、一番基本的なことも見つけられるこの授業。一粒で2度おいしい!?
大人にとっても子供にとっても、必ず、得られるものがある。

是非、全国のいろいろなところで、こういった取り組みを広めていきたいですね。
まずは、ももの学校の先生から???
帰り際、T小の教頭先生が、「こういう素晴らしい授業は他の学校でもどんどんしたほうがいい」
とおっしゃったところを、T市の学校の校医さんでもあるIさんが、
「それって同じ市の他の小学校の先生方に、凄くいいからやったほうがいいよぉ~とかって
さりげなく、職員レベルでお話される事はありますか?」とナイス突っ込みをしてくれた!
「ありますよ~!今度言っておきますね~!」と教頭先生。
いろんな人の力をお借りして、少しづつ、よくなっていけるように。。。。。

ももの帰宅時間が早いので、あまりお話しできなかったのが心残りですが、
また、いつかお逢いできると信じて、ウォーリーさんに教えていただいたたくさんの気付きを
自分の活動に生かしていきたいと思います。

こうママさんのキャラバンや、他のキャラバンさんの、啓発授業も見てみたいな。
そして、いつかは自分が。。。。ですね。

|

« 案ずるより産むが易し | トップページ | 特別支援 »

コメント

お会いできて、本当に嬉しかったです!
記事を読ませて頂いて、すごくお褒めの言葉を並べて頂いて、恐縮しまくってるウォーリーです。

>そして、いつかは自分が。。。。ですね

★ぜひやってみて下さいね(^^)
焦る必要はありません。気心の知れた仲間と、楽しみながら進めて頂ければと思います。
ウォーリーも「同志」として、協力できるところはさせて頂きますよ~(^^)

投稿: ウォーリー | 2007年6月27日 (水) 10時34分

こちらこそお逢い出来てとてもうれしかったです。
テレビや新聞などで拝見させていただいてたので、
なんだか芸能人にあったような感覚で、
ちょっとどきどきしてしまいました。

まだ、一歩を踏み出したばかりなので、
仲間づくりとともに、いろんな事を勉強して
実践へ結びつけて行こうかなと思っていますので、
見守っててくださいね。
いつかは、ウォーリーさんや、こうままさんの
後に続けるように。。。。。

投稿: momoはは | 2007年6月28日 (木) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107586/6943851

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーリーさんの啓発授業を見てきました!:

« 案ずるより産むが易し | トップページ | 特別支援 »