« お守り(病院にて) | トップページ | ITPA »

2006年12月 4日 (月)

親の努力

というめめさんの投稿をみて、考えるところがあったので、少し書いてみようと思います。

ももは、私が、療育の初期段階で、頑張りすぎて、無理をさせてしまった為に、
ママ+勉強(たしざん)=いやぁ~!!!!という図式が出来上がってしまい、
それを改善して、振り出しに戻るまで半年かかりました。

ひらがなの時もそうでしたが、普通の子供がすんなりできるところで、つまったり、
覚えるのに時間もかかります。

親はやがて死んでこの世にいなくなる、ももはひとりっこなので天涯孤独だ。
そうなっても生きているだけの最低限のものを教えなきゃ、、、、。
そういう気持ちからでした。決して、親のエゴや、見栄ではないと自分では思っていました。

実際、私も小さい頃から、親戚の家に行くと騙されて、いろんな習い事や塾に
ぶち込まれ、嫌で仕方がなかったので、親の夢をあれこれ子供にごり押しするのは
よくないと、思っていたのですが、結果、同じ事してるのかもしれないと少し反省しました。

ももは、やりたくないと、最初から考える事を放棄して、適当に答えたりするんですよね。
それが、むかつくんですな。。。。
仕事の合間に、時間をつくって、教えているのに、この親不孝もの~って!!!(笑)
そうして、互いに感情的になったら、もう親子パニック合戦(笑)
その影響が、療育の教室まで影響して、先生に激しく叱られましたので
親が教えるという事はあきらめて、お互い冷静さを保てる他人様にお願いしている状況です。

ももも辛かったでしょうが、私も辛かった。(笑)
確かに障害から日々くるストレスなど考えると、無理をさせるのはももにとってマイナスだとか
そういう配慮がたりなかったのかもしれないけど、
障害関係なく、人を見て、態度を変えるっていうのは許せないし、
最初から、ハードルを跳ばなくてもいいとか、低くしてもらって当たり前みたいに
思われたら大変だという気持ちは今も変わらない。
実際、ももは、人をみるというか、そういう状況を上手く読んで利用するのが
上手に思う。
寮育の教室でも、上手く質問して、考えずに、答えを導き出す事がよくある。

ももの診断が下った後、ももの事に集中したいから、仕事をしたくないとパパに言ったが
わかってもらえなかった。
不器用な人間なので、あれもこれも集中する事が出来ないのは自分が一番わかっている。
仕事をしながら、ももの事に集中できないジレンマ、
仕事もいまひとつ集中出来なくて、思うように出来ないストレスで薬の量も増える。
全てが、余裕がない状況。
こいうのは、どの家庭にもある問題なのかもしれない。

実の親でさえ、ももはそのうち治るからと言い張って、理解するどころか、
もっと精一杯頑張れ!と言う。

人間、どんな極限状況でも、凛として、冷静でいられる出来た人間もいれば、
無理解な爺ちゃんに、「このくそじじぃ~!くたばれ!」と悪態ついてしまう出来てない私もいる。
でも、いいよ、いいよ、こんな自分でと思う。

ももも、出来の悪い母をもって苦労させる事もあるかもしれないが、
それも運命と思って諦めろ!って思ってる。

それそれの環境、それぞれのやり方で、生きていければいいかなって。

めめさんは、いつも凄いなぁ、見習いたいなぁと思ってみてるけど、
私は、めめさんにも、どのお母さんにもなれないし、
それでいいやって思ってる。

ひと筋縄でいかない子供のやる気を、根気よく引き出す。
口で言うのはたやすいが、なかなか大変だ。
とても母親ひとりで打破なんか出来ない。人様の力を借りれるだけ
借りて、知恵やらヒントやらたくんさんもらって、
少しづつ、試行錯誤。

でも、あきらめない。

|

« お守り(病院にて) | トップページ | ITPA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107586/4423062

この記事へのトラックバック一覧です: 親の努力:

« お守り(病院にて) | トップページ | ITPA »